古材

2014/05/25

100年前の納屋を再建

 

 

古材といってもただ古いだけでなく、そこには時間が蓄積された歴史の跡がヒシヒシ伝わってきて、たまらんねー

 

これは本物の素材だけが時を積み重ねて、醸し出すことができる味。

 

こうやって修復しながらさらにあと100年。

 

今の新しい住宅の中に、どれくらい100年持つことができる建物があるのだろうってたまに思う

今の若い子には、本物を見抜く目を持ち、本物を知ってほしい。

と、思う私は歳とったな…

 

category

A’s glass Cafe OPEN

Latest

  • 岩田屋終了しました
  • 白金マルシェ
  • 糸島クラフトフェスタ
  • 窓パネル
  • 作品(窓パネル)
  • Back Number