修復

2014/01/21

待っててくれたかのように昨日からの雨と雪。

教室の皆様もってますね~♪

 

私は片付けが終わって、ゆっくり休むことができたので、今日から本格的に自分の仕事に専念したいと思います。

 

まずは修復の依頼の仕事。

輸入物のアンティークだそうで。

 

手前のパネルはアンティークとはいえ比較的まだ新しかな。

ドアの方は100年以上経っているのではと思うほど劣化が激しいです。

 

海を渡り、時を経て私の所に運ばれてくるって、いろいろ考えるよね。

あと100年残していくためにも、ここで一度全部分解して、きれいに組み直して生き返らせてあげたいのだけど、依頼は割れたガラス部分の修復のみ。

店舗のディスプレイに使われるので、この古い感じが重要みたい。

またいつかこの子たちがどこかで生まれ変われる日がきますように。

 

修復って、ゼロから作るよりもずっと難しくて、「修復ができてようやくプロ」と言われてきたので、職人魂が萌えます。

カナダの工房で働くことができたのも。修復の仕事ができたから。

 

「trial by fire」と言われ、

 

まず最初に試されたのが修復の技術でした。

 

もちろんクリアーしましたよ♪

 

 

 

 

category

shoppingsite OPEN


Latest

  • イベント(糸島麻と木と…マルシェ)
  • ギフト
  • 作品
  • 発送
  • Back Number