世の中捨てたものじゃない話

2009/06/20

最近、定期券を紛失しました。7月までの定期でまだ一ヶ月以上残っていたし、一緒にバスカードも入れていたので、アイタ…痛いなぁぁぁ…とかなりへこみました。

 

「世の中捨てたものじゃないわヨ。誰か親切なおばちゃんが届けてくれてるかも。」という母の言葉に、なんで届けてくれる親切な方が奥様限定なんだろう…と疑問を抱きつつ、「ないねっ。落としたのは夜の天神よ!(落とした原因は自分でもわかっているのです(-。-;)…)母のイメージする良きおばちゃんの出歩く時間じゃない。」と悲観的になっていたワタクシ。

 

それでも一筋の希望を抱きつつ、交番と西鉄に行きましたが、やっぱり届けなし…。

 

まぁ、お財布や鍵などの貴重品で後々厄介になるものでなくてよかった!人生生きていればこんなこともあるさっ!悪い事起これば、次は良いことよねっ!!とあらゆる理由をつけて自分を励ますこと数日経った今日、なーんと拾ってくれた方から連絡をいただきました☆☆

 

定期に電話番号が載っていたので自宅に何度もお電話いただいていたようですが、タイミング悪く不在、不在…で、今日やっと連絡がとれてよかったです~。と相手の方。

あきらめていただけに、驚きと喜びとなんとも不思議な気持ちになりました。

職場が近かったので、直接取りに伺いました。

「よかった!まだ使用期間も長いし、早くお渡ししたかったんです。仕事が忙しくて警察に届ける時間がなくて…すみませんでした。」と言われ、心の底から感謝の気持ちでいっぱいに。

笑顔の素敵なとても感じのよい女性の方でした。

 

友人に「自分が拾った立場だったらどうする?」と問いました。

「届けるね。それか、見ても見なかったことにして拾わず通り過ぎる。」と、良い人なのかよくわからない返答。

それじゃ、私は?と考えたとき、たぶん届けていたとは思いますが、これからは確実に!間違いなく届けるでしょう。

 

 

 

 

category

A’s glass Cafe OPEN

Latest

  • 岩田屋終了しました
  • 白金マルシェ
  • 糸島クラフトフェスタ
  • 窓パネル
  • 作品(窓パネル)
  • Back Number